2012年02月15日

SHOCK 2012

帝劇の開幕2日目、先週水曜日に観てきました
もう1週間経っちゃった
帝劇3ヶ月公演て凄いよね
博多で1ヶ月やってきてるから
キャストは慣れてきてるんだろうけど
約1年ぶりの私としては
1幕の予定調和な感じが心地よく
2幕の変化した部分は慣れなくて
何度も観たら気持ち良くなってくんだろうなー
なんて思いました
リピーターがいっぱい居るのが前提の作品だと改めて
少し公演時間が圧縮されました
遠征組には多少優しくなったのかな
2幕でロミジュリが無くなってたのがびっくり残念
そしてトラビス振り付けの群舞は相当素晴らしいから
是非1度はセンターから眺めてみたい(けど無理かな)
序盤はいつものコウイチに対して
ウチの様子がいまいちに見えたんだけど
(これは単に欲目ってやつかしら?)
殺陣からの前髪上げてお顔全開になってからの
キラキラ感が素晴らしかった
そうだ、はじめの違和感はあのパーマだ(笑)
昨年も良かったけど
ここと2幕の泣きがいいんだよね

神田さやかさんが植草さんに
「お父さん」て呼ぶ度に
いや、あなたのお父さんはあの人でしょって心の中で思っちゃって面白かった
彼女がキャストになった事で
歌の見せ場が増えました
彼女は斗真とグリースをやった時に観て以来かな?
相変わらず綺麗な歌声で可愛らしい
でも、あの時も今回も衣装が‥
イジメかと‥


そうそう。
ミレニアムから始まったSHOCK
もう12年なんだよね
この前の赤西さんの報道とSHOCK見に行ったのとが重なったせいもあって
赤西さん達も出てたなー
とか
メイサさんも出てたよなー
とか
ちょっと振り返っちゃった
横尾さんが光一さんに抱き抱えられてた頃があったんだから
月日は流れるよね

変わらず出続けてる町田さんと米花さんにエール
ふぉーゆー(←まだ慣れない)が出るようになってからも結構経ちました
posted by e_co at 21:36| 東京 ☀| Comment(0) | @THEATER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

滝沢革命2012

今年もよろしくお願いします

新年初ジャニは昨日の帝劇でした
勝手に振り替えられたチケットが
なかなか素敵な席だったので
勝手にお正月を長めに休む事にして
さっくん担をお誘いして観てきました

昨年は度肝を抜かれた王妃役(っていうか大空さんに度肝抜かれた)に紫吹淳さん
彼女の殺陣が少しあるんだけど
これがステキ
ユウマの実の母って設定なんだけど
なんか絡みが役得な感じで羨ましくもあり(笑)
錦織さんとの歌もステキ
(滝様のフライングに彩りを添えます)
ヅカ舞台の香りを濃く持ってきてくれるのが
久しぶりの感覚だったなー
あとは
昨年より成長したユウマくんのお茶目な活躍と
スノ5改め‥まだ名前は無い5人(でも個人名で紹介あり)とThey武道がかなりオイシイ感じで
とっつーも役と見た目と演技と揃って良くて
なかなかまとまってました
滝の子供時代の役がミズキクンで可愛かった。髪が伸びてた(笑)
17時開演だからなのかな?
2幕の途中まで小さい子達もたくさん出てました
千野クンだけはまだまだ小さいままだった(笑)
安井クンや高田クン達も居たし
みゅうとあたりも見なきゃなのでなかなか忙しかったです

何より踊れるメンバーが多いから
群舞が素晴らしい
2幕の『滝沢組曲』という長い群舞の迫力
あの感じはWSをチラ見しただけじゃわからないなー

とはいえ担当のいない舞台
やっぱりまったり観てしまいます
ここに玉森クンが居たらこのポジションかな?とか
玉の立ち居地に誰が居るかとか
頭の中はそんな事もよぎるしね
秀明軍がめちゃくちゃ縮小されてて(ユウマと長老だけよね?)
その分だけ幻が見えた気もする
玉のセリフの心配しながらドキドキ観てたのが
懐かしいような気分になりながら帰ってきました

そういえば、
ユウマの滑舌をたしなめるヒデアキも
巧く言えてないと錦織さんに怒られるなんてシーンもあったな
やっぱりアドリブが楽しいんだよねー
posted by e_co at 20:32| 東京 ☀| Comment(2) | @THEATER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

ラブリーベイベー

やっと更新します(笑)
これから初めて観る予定の方は見ないようにって‥いないか

公演時間は110分休憩無し
パンフレットはコンパクトでナイス!
他にポストカードセットを販売
どちらもカワイイ
パンフレットは読み物としても
興味深かった





三宅さんの舞台。
しばらく硬派な感じが続いていたのに
前回がチェリーボーイ
今回はホモセクシャルです
本人が
「女子萌えもあるから」
って言ってたけど
どうなんだろ?
一部の支持者に絶大な萌えと妄想を与えているんじゃないかと
心配になっちゃったー

大音響のロックな音楽がかかる劇場内(BJC!)
舞台にはダブルベッドが計3台
リゾートホテルのオーナーの息子(三宅さん)が
そのホテルに仲間達と季節ごとに遊びにきてるって事になってます
季節も年も行き来します
(これがちょっと話をややこしくしてる)
場所はいつも同じホテルの部屋なんだけどね

三宅さん含み男女主要キャストは同性愛者です
三宅さん演じる恋司(レンジ)と彼氏の愛斗(マナト)
本人不在でマナトを「まなチャン」呼びで始まるのとか
なかなか憎いんだよなー
松本まりかさん達女優陣も女子同士のカップル+片想いのトライアングル
もう一組の男性同士のカップルのマッチョな方は浮気者です
ちなみに小島聖さんもマナト役です
小説家でもあるレンジが書いている小説の中と現実が重なってるような物語で
未来の中で現れるマナト?
あれは小説のなかのマナトなのかな?
小島さんはたぶん男でも女でもない存在

楽しいだけじゃない
切ないラブストーリーでもあるんです
そして、私には主役絡みじゃない方の恋愛の結末の切なさが染みたなー
キョーコねーさーん(涙)

初日はまっさらな状態で観たので
設定を把握するまでの喜劇的シチュエーションをかなり楽しみました

「あれっ、もしや?」

って判らせてく過程を上手に作ってて
あれは楽しい

冒頭シーンで
合コン的なノリで飲んでる女子3人に三宅さん
罰ゲームで女の子の胸を揉んじゃうとかあって
ちょっと刺激的〜
ってかショック〜(笑)
確かに設定は設定なんだけどさぁ
三宅さんは三宅さんなんだもん!!!!!
(32歳の『☆悲しいほどにア・イ・ド・ル☆』だからね←前回ライブのソロ曲)

まぁ、そんな感じで始まって
三宅さんは男同士でチュッチュしたり
隣のベッドで女の子同士ラブシーンが始まったり
男同士のベッドシーン?も始まったり
小島さんとのラブシーンもいっぱいあって
なんかね、もーイライラ(爆)
もちろん、いい脱ぎっぷりも見せてくれて
結局は大満足(笑)
芝居終わりの音楽もサイコー
そして終わったあと頭を回るヒルクライム(笑)


グローブ座ってやっぱり好きだな
密室感がいいんだよね

週末、もう一回観てきまーす
posted by e_co at 09:04| 東京 ☔| Comment(0) | @THEATER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

舞台『美男ですね』

連休初日の土曜日
舞台の初日に行ってきました。

赤坂ACTシアター

パンフレット2000円
色は選べない(笑)サイリウム付
ドラマ版のページも一応見開きでありました
グッズはTBSショップに売ってるような物だったので割愛

公演時間
1幕80分
休憩20分
2幕90分

開演すれすれに玉森クンと藤ヶ谷さんが入ってきて沸く会場
やがてライブさながらに開演
聞き慣れた歌を北山さんの声で聞くのがちょっと慣れないけど
超イケメンなヒロキの柊さんにロックオン!
宮っちはパンフレットの映りが神的にイケメンなんだけど
ステージに居る勇気クンは宮っちだった(笑)

北山さんの廉はあんまりツンツンしてなくて
韓国版ともドラマ版ともぜんぜん違ってて
北山さんにぴったりしてた
リアル妄想シーンが最高に笑えるし
随所に楽しい振り付けのダンスはあるし
(廉さんから始まるのジェラシーの舞いはドラマのキャストでも見たかった)
色んな仕掛けで笑わせてくれるから
あっという間の3時間弱

ずっと笑って笑って観てられる舞台でした
3人の見せ場的シーンも用意されてるし
それぞれのファンにはたまらない演出ありで
ストーリーは観客全員がわかってるような物なのに
それでも飽きずに楽しめるっていいよね

脇を固める俳優陣の力もあるよね
特にシゲ子さん役の猫背椿さんがサイコー
ちゃっかりスタイリスト役も兼任してやりたい放題
途中からいろいろしてるのが気になって気になって大変でした
あの柊さんへの絡みは羨ましいぞー(笑)

まぁ、そんな訳で
ネタばれしない程度に面白かった報告でした


あの衝撃の日に違う気分になれて良かったです
posted by e_co at 08:53| 東京 ☁| Comment(0) | @THEATER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

6月のビターオレンジ

またまた日があいてしまいました
日曜日の夜はグローブ座で
しげさんの舞台を観てきました

「こするとオレンジの香りがしますよ」
と教えてもらいながら美しい橙色のパンフレットを購入
しげさんのノート1000円と
リーダーの謎のグッズ(笑)500円は見ただけで
130分休憩なしの舞台へ

WSや少クラPでちら見した城島リーダーの粋な和風美人にはやっぱり大爆笑
こーゆー設定だったのかぁってのも笑えた

全体に話のひねり方がほどよくて
複雑な出演者同士の
人間関係が少しずつほどけていく描き方が素晴らしくて
共演の方達のアドリブが楽しくて
ちょっと切なくて
最後は温かい気持ちになって
すっごく楽しめました
そしてたくさん笑った〜

物語のクライマックスにも
仕掛けが用意されてて
飽きずにあっという間に終わってた

最初に設定聞いた時は
「また出来る子の役か〜」
って思ったけど
なんかちょっと違ったな
城島さんの役も
出来の良い弟になんかコンプレックス持ってるような話かと思ってたら
それもちょっと違ったし

いい感じに裏切られました
posted by e_co at 21:15| 東京 ☀| Comment(0) | @THEATER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

子供の日特別公演

滝沢歌舞伎
4日夜のざっくりした感想
1幕はいつも通りで
2幕は芝居無しって感じ?
って思っていたんだけど
1幕も相当面白くなってた
舞台後半戦はアドリブがいいよね
本当は前回観た時に
通常バージョンももう一度観たいって思った訳で
でも、まぁそこは担当も出てないんだから
我慢我慢(笑)

で、1幕の何が良かったかって
キスマイの楽屋訪問の一連
ここは前回も大爆笑だったけど
今回も楽しかったー

宮っちヲタゲーからの
横尾さんの一発芸(だからそれファイアービート!)
「二階堂の面白かった物まねなんだっけ?」
「あと千賀も面白かったんだよねー忘れちゃったなー
なんだった?」

という辰巳福田コンビの無茶振りに
客席からの助言ありで
ニカは楽しんごで千チャンは小島よしおに決定!

「そうだそうだ!
あれ面白かったよねぇ
見てみようか」

すかさず
マネージャーこっしーがりリングアナウンス風に
「赤コーナー、千賀小島よしお〜
青コーナー、二階堂楽しんご〜
ファイッ!」

え?二人同時?
ってこっちが焦ったけど
なかなかうまーくやりきる二人

大盛り上がりでした
客席のお母さん、良いフリをありがとう(笑)
こっしー上手いよね
回転早い!
助かります!
去り際は5人揃ってドドスコスコスコスコって
サービス満点
最後尾の千チャンがちょっと戻りながら
1人で
「ラブ注入!」

そして
次の演目を長々した台詞を軽快にしゃべってから
辰巳福田がハケる時も楽しんご
絶対やりたくてウズウズしてたに違いないよねー
特に辰巳(笑)

この後、浜松屋の姫達に
「いらっしゃいませ。カミカミの姫様達」
と台詞トチりをからかってみたり
4人の仕事っぷりには
本当に楽しませてもらえます
4U.なのかふぉーゆーなのかわからないけど(笑)

あとは坊主の千野クンがやたらキスマイに厳しくて
(誰に言わされてるんだか
おめー最初の口上で初日って言ってたけど、今日初日じゃねーからな!と怒られる千チャン)
ここも楽しかったー
玉森くんが良かった〜って宮田イジメも
キスマイで一番オタクな千賀クンの数珠のフサを額にたらした(←罰当たり)ガガ様の真似もサイコー

あと普通の感想だけど
歌舞伎の最後の蜘蛛の演目がカッコイイんだなー
座長とキスマイの隈取りのコラボも
キャスト入り乱れての殺陣も
目が離せません

そして2幕は大忙し
ヤバいね
ほぼコンサートって感じでもあり
座って観るのはソワソワしちゃう

噂のコスプレ祭
キスマイは普通なのね
ちぇっつまらん(笑)
ここは目がいくつあっても足りません
辰巳と山亮の女子高生コスの可愛らしさに目を奪われ
(イキイキしてます!白ルーズな辰巳にニーハイな山亮)
辰巳稲葉のイチャイチャカップルぶりに嫉妬して
気づけば今年は女装卒業って言ってた林クンもOLコスじゃん(笑)
隣のイケメンサラリーマン福士クンを会社に持って帰りたい衝動をグッと抑えて
なべしょの医者には診てもらいたくないような
あべりょの白衣に分厚い本は研究員かなにか〜?
ふっかーがピザ屋だったら注文してみる?
江田僧侶が来るなら法事も良いね
侍真田にレゲエのんちゃん
赤ちゃんさっくんをあやす保父さんとみけん
サッカー幸大にバスケかとゆき
あとあとなんだった???
松崎様のは宇宙人?
謎のお爺ちゃんは秋山クンじゃなかったんだよね?
楽しくて楽しくて
何度でも見たい場面だったな〜



4人でキスマイ曲ってちょっとスカスカ〜って思うけど
テンションの最初の藤ヶ谷さんの英語を3人で分けてたり
なんか可愛くて可愛くて
相当ニヤニヤしてたと思う(笑)
昨年の秋は5人てのが心痛かったけど
今回は楽しめたー

始まる前から超レコメンドされてた(笑)
屋良さんwithスノーマンの
「ジェラストレイン」
最初は二人二人ってバックが変わって
やがてスノーマン全員でってなるんだけど
大人数が横一列並びで
この曲。なんか新鮮
あとスノーマンでお馴染みな滝曲にスノーマン以外がドバーッて付いたり
それだけでもたまらないよね



とここまで書いて放置してた(笑)
明日っから山下さんなので
少々中途半端ながら
2011年滝沢歌舞伎レポはこの辺で

あっ
映像の玉森クンに触れてない?
なかなか可愛かったから
明日時間あったら付け足ししまっす
posted by e_co at 23:48| 東京 ☁| Comment(0) | @THEATER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

滝沢歌舞伎2011

5月25日はTOKIOさんの新曲発売日ですかー
やっぱり5月はないのかな???
とまぁ、デビュー日決定が待ち遠しい今日この頃
今さらながら滝沢歌舞伎の感想を

とにかく忙しい舞台だー
玉が出てなくて良かったー(笑)
これは目当てが居たら相当回数入ってしまうぅぅ


公演時間
30分の休憩挟んで3時間15分だけど
少し長めだった気がする


全体的には昨年とそんなに変わってないけど
キャストチェンジってやっぱり大きい
ABC-Z(と京本安井あたりも)がいなくて
キスマイ4人だからねー
客席の雰囲気からして違う
ついでにSHOCK組の4人にユニット名が付いてるのも衝撃SHOCK!
たしかに皆「ゆう」で始まる名前だけど
Marching J絡みの寄せ書きにも漢字1文字で(雄とか裕とか悠とか祐とか←合ってる?)
書いてるのがもう誰って感じ

「4U.」

この呼び名慣れるかな?

女装の姫達はなんと
スノプリ世代まで若返り
大塚クンはすぐ判るんだけど
あとの4人は誰?
ばっちり白塗りメイクで
様子が相当違うから
これも誰だれってちょっとイライラ(笑)
京本クン役はれいあクン
井上(みずき)クンの肌が美し過ぎる〜
あとは橋本岡田かな
みんな若くて可愛らしい
そりゃ安井クンの穴を埋められるキャスティングではありませんが
4Uをおじさんおじさんって呼ぶのは微笑ましいです

昨年の辰巳福田のお掃除係漫才→こっしーツアコン→
みたいな流れも健在
辰福のヨイショ大会→マネージャーに扮したイケてる眼鏡男子のこっしーがキスマイを先導
みやっちのヲタ芸やニカの物まねなんかが披露され
(実はここ横尾さんへの無茶振りコーナー?)
横尾さんがそそのかされて滝沢座長にあだ名付けてた

『白塗り馬鹿』

メイクの手を止めて横尾さんを追いかける滝(笑)
でも結局おいしい所はごっそり松崎がいただきーみたいな感じ

ここ超たのしー
アドリブ最高

そうそう。
毎年大好きな最初の口上の4人の自己紹介
タツミッキー
こっシンデレラ
ふくダッフィー
まつざっきー
続いてやらさんが
「今年もタッキー&やらっちで頑張ります。まつざっきーは要りません」
とかなんとか

1幕はとにかく忙しくて
どこに焦点絞って見ようか迷って大変!
久しぶりにスノーマン、MAD、MADE、they武道に4U(やっぱり違和感)入り乱れてるカオスを堪能
(密かに稲葉福士に基本ロックオンだけど)
よくよく考えてみたらMADE1人足りなくなってたような気がするけど

そしてツルツル坊主ヅラのキスマイ4人を見ながら

「やっぱり玉がいなくて良かった」

と心の中でみょーに納得
だって絶対笑えないでしょ

2幕はねー
ニカと千チャンが凄く良かった
二階堂クンは昨年の河合クンの役で
千賀クンは新しい役

ニカの捨十は初々しくて
滝との絡みはやんちゃで
うん。新鮮
昨年と同じで客席に絡みに行くんだけど
日頃は将門と捨十だと将門が人気なのかな?
この回は高確率で捨十が人気で
浮かれるニカに
負けず嫌いな滝
最後には
「刀を持ってこい」と怒る将門に
「物で釣るのは卑怯」と言い出す捨十
刀を宝と聞き間違えたと判るまでの
滝と客席のビミョーな空気(笑)
いろんな意味でドキドキわくわく

千チャンの治団(ジダンってこの字?)って役は
貴族の息子なんだけど親を将門に目の前で殺されて
今は落ちぶれてる役
でも父親を始めとする貴族の横暴っぷりには疑問を感じていて将門に共感を抱いてもいる
みたいなちょっと複雑な役
それより何より衣装がステキ
白い着物に結わえた長髪
この衣装めちゃ着痩せして見えるよね
やけに美形な青年に仕上がってます
ここに子分的にくっついてる真田野澤山亮の衣装もナイスで
役柄もいい感じ
特に真田クンのアホキャラが可愛くてヤバい
千チャンには最後に切ない見せ場シーンも用意されてて
これがまた美しくて泣ける
もちろん宮渉も屋良さんの手下でがんばってました
昨年の塚田五関の役になるのかな?
今年は一段と屋良さんちっちゃく見えちゃうよね(笑)
まあ大体こんな感じかな
2幕がなかなかフレッシュになって好きでした

そうそう。
お弁当が復活してた!
これ結構大事!
食堂があればもっと最高(笑)
posted by e_co at 20:19| 東京 ☀| Comment(0) | @THEATER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

Endless SHOCK

24日夜
今年初鑑賞

昨年7月バージョンと違うのは
リカ役が原田夏希さんにチェンジ
あとは大枠は変わらないものの
ちょこちょこ違うかな
まぁ「Endless」ってくらいですから
永遠に繰り返さないとね(笑)

前回は「大丈夫?」って甘めの視線で見た内クンにも
ちゃんと厳しい目で観るつもりだったけど
1幕の殺陣で髪上げて出てきた所から
相当甘くなりました(笑)
今年の殺陣も好きだー
でも、最後がちょっとウルサイ気が‥

1幕の屋上アドリブシーンは
「チ・ヨ・コ・レ・イ・ト」
と子供の頃を思い出す感じの植草さんの登場で始まり
酔っ払い演技でコウイチに散々絡み
(寂しいんだよ、飲まなきゃやってらんねーんだよってなんかリアル?笑)
この後に今回からMADの台詞(アドリブなのかな?)も入ります
「オーナーのオゴリだって」
「甘いもの食べたいよな」
「チヨコレイト」
と言ってオーナーに
「つまんねーんだよ」
って突っ込まれてた
公園のオーナー登場は
「パ・イ・ナ・ツ・プ・ル」
これの何がいいってコウイチの楽しそうな笑顔がいいんだよね

2幕のアドリブシーン
コウイチ登場
の目の前に黒人ダンサーさんが立って
コウイチになってて笑った
リカにしたらとってもシリアスな場面なのにね!
そのリカが後ろか抱きつく所で背伸びするコウイチさん
(今年のリカは背が高い)
オーナーも米花さんも町田さんも
次々背伸びしてて爆笑

「みんな小柄だからなー」
と笑ってるコウイチさん

「4人で『背伸びし隊』ってグループ作ろう」
と悪乗りするオーナー

米花さんが
「何が驚いたって、コウイチ背伸びしてもあんまり大きくならない」
とか言ってた
町田さんが芝居に戻って
「良かったーーー」
って言ったらコウイチさん
「小柄でか?」
と返してた

やっぱりここは見所です


あとソロコンMCで皆で語ってたシーンは
何か注目しちゃう
忘れてた記憶も甦る
もうランニングがインになっちゃう事は無いんだ
(衣装のまま楽屋シーンになるのね。Gロケ隅田さん演じる掃除のおばちゃんさっちゃんは千葉から来てるらしい)
なんだ残念とか思ったり

舞台とコンサートが同じメンバーって
なんか凄くいいなって感じた

そして
ラストはヒロキ町田辰巳の並びの泣きっぷりに大注目
よく泣くよねぇ
2ヶ月公演ずっとあんな感じでいくのかな


涙と言えば
ヒロキの告白シーンの全開な泣き
今回も本当に素晴らしい
7月の時にもう一度観たいって思ったのが叶って
嬉しい限りです

また来週も行けるみたいなので
今回はこれだけ
(の割に書くの遅いよね)
posted by e_co at 23:13| 東京 ☀| Comment(0) | @THEATER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

金閣寺

見てきました
神奈川芸術劇場(KAATと略すらしい)
こけら落とし作品

5日夜公演
私たちの斜め前に片桐はいりさん
帰りがけには勝地涼さん発見

休憩20分挟んで3時間超
サイトで確認した時は3時間て書いてあったけど
15分位オーバーすると見込んでたほうが良さそう

パンフレットの写真はいつもの髪型だけど
舞台の森田さんはWSで見た通りの坊主です
16歳から大学生位を演じてるんだけど
ある意味中学生でも通じそう
と言うより何より
知ってるV6の森田さんとは全く別人!
と思った多分最大の理由はきっと
パンツの履き方

オンウエスト!!!!!!!!

こんなの初めて見た気がする(笑)

キャー足長い!

(感想として間違ってます)
今回は妹と一緒に観て来たんだけど
お互いどうやら10代の頃に原作をワケわからずに読んだ事はあったみたいなんですが
休憩時間に思わず

「乾くねー」
「消耗するー」

としゃべってた

元々重いストーリー
照明が暗く
行き詰まるような描写の連続
物語の前半は主に大東クンと森田さんの修行僧が高校生〜大学生になる頃の話
時代は太平洋戦争〜終戦
中後半は大学で知り合う高岡さんが絡んできて
ストーリーはうねり
クライマックスへ
迫力あります
森田さん演じる溝口の葛藤なのか
魂の叫びなのか
象徴的な美しい『金閣寺』の具現なのか
パフォーマンス的表現だけをするキャストも居ます
(なかなかわかりにくい演出)
森田さんの心の声を1幕は主に高岡さんがしゃべり(朗読みたいな感じ)
2幕は大東さんがしゃべるみたいな進み方もします
ちょっと難解


森田さんの実力は十分わかってるつもりだけど
本当に見たことない森田剛なんだよね
『どもり』って役の特徴も
両親に抱くねじれた心情や
友達や女性に感じるコンプレックス
これに共演する大東さんの爽やかな好青年と
胡散臭〜い高岡さんの熱演
(めちゃくちゃ上手い役者さんでした。
身体に障害を持ちながら中身はチンピラみたいな男で‥ハマり過ぎ)
と巧く絡みあって
誰にも似てない役者です

カテコでようやく笑顔が見れて
こっちもやっと緩んだー

金閣寺.jpg

新しいホールっていいねー

KAAT.jpg

このポスターはパンフレット写真からかな?
珍しく露出系な森田さんです

春節@関帝廟.jpg

帰りがけに再び中華街。春節の飾り
posted by e_co at 12:45| 東京 ☁| Comment(0) | @THEATER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

滝沢革命

今年初革命!

公演時間はいつもと同じかな?
25分の休憩挟んで
1幕2幕ともに1時間5分

今年はキスマイが出てないので
極力全体を見ようと思っていたんだけど
優馬クンにロックオンしたり
玉森クンの衣装着てるなべしょもやっぱり気になるし
スノプリもチラ見しながら(今日はみずきクンが不在だったらしい)
のえる安井クンラインもチェック(パンフに居る京本クンが居ないのはデフォルト?)
そして噂以上にインパクト大な大空真弓さん

見るところ多すぎ〜(笑)

ストーリーも変えてきてるから
頭の中の

「?」

も最初からやり直しで
結構大変です(笑)

竹林だけは喪失感半端なかったけど
今年バージョンもなかなか楽しめました
優馬クンの出番はなかなか多く
結構歌声が聞ける感じかな?
そして相変わらず素晴らしいお顔です

ヒデアキ軍が河合橋本さくだてなべ
王妃(大空さんが敵ボスです)側が戸塚塚田五関さなのんあべいわふっかー

面白い分け方だよね
戸塚さんが残虐な大将軍です
昨年の北山さんの「最高の眺めだぜ、ヒデアキ〜」
のロープ降りは河合くんがやってた
藤ヶ谷さん的な裏切り者は姫なんだけど
姫が産んだ子供の父親が優馬ってアリなんだろうか?????????????????????????????????

既に聞いてた老人場面の縮小はブラボー!
そして「じじいdeダンス」?とかって
滝ニッキゆうまで歌って踊る曲が増えて
(ここのお婆ちゃんバックダンサーズが最高!なべしょカワイイ!!!のんちゃんなんかリアル〜)
終演後もあちこちから眠くならなかったと好評の声が聞こえてた―(笑)

なんか書き足りないけど
これで送信!
posted by e_co at 16:18| 東京 ☁| Comment(0) | @THEATER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

少年たち@松竹座

昨日の昼の部

13時開演
15分休憩挟み
1部55分2部75分
実際は10分程度予定時間より長かったので
終わったら
15時35分

グッズはパンフレット1500円とロゴ入りのタオルハンカチとキーホルダーのみ
パンフレットはBAD、BOYS、ベテラン、7WESTのみ写真あり
他にリトギャンにビッギャン改めてギャングスター(?)にSHADOW westは名前のみ掲載
いつもはJr boysも出てるのかな?
(真鳥ラインかな?KAT-TUNコンに出てた)
パンフレットに名前がある子達は全員出てたはず
始まってしばらくは『和』っぽい感じのショータイム
いきなり殺陣とか入ってて
ちょっとポカーンとしちゃった
芝居が始まり
ベテランメインの看守チームに
バドボ7westメインの囚人チーム
それぞれ事情があって犯罪者となり
色んな衝突や葛藤があって
今の自分に決別する為に脱獄を試み
失敗し
仲間が1人欠け
刑期を終え
それぞれの人生を歩む

みたいなお話

去年の内容にめちゃ似てない?
しかも去年の方がちゃんとストーリー性あったし
‥とか考えてはいけないんだよね(笑)
去年は濱チャンが死んじゃう役でしたが今年は重岡クン
ブランコ乗っちゃうキャラなんで
錦戸さんがかつてやってたanotherの時の役の雰囲気に近いのかな

ストーリーの中にメインの子達にはそれなりの見せ場が入ってます
濱チャンの所で懐かしい前輪のみバイクが出てきたり
(丈の「ちっちゃいからリトルギャングじゃー!」の恫喝がたまらん)
室3兄弟のコントみたいなパートや
看守チームの懐中電灯プレイに笑ったり
大智と薫太の鏡に見立てたパントマイムみたいな楽しい演出などなど
私が一番好きだったのは
「ZOKKON LOVE」
7westから4人が歌ってるんだけど
知らないよねー
この子達、この曲
これ聞いた時に
そういえばゾッコンラブのラブって「命」って書いてたよなー
男と女のラブと書いて革命より30年前(←くらい前だよね)から
『命=ラブ』だったんだー
と気づいた(爆)
念のため。
シブがき隊の曲です
この4人(と書きつつ流星竹本あと誰だった?)が濱チャンを
からかうのが超楽しいんだけど
先輩に対する態度では無い所が面白いんだけど
これを袖で見る文チャンが
いつも「あいつら言い過ぎや!」
って本気で怒ってるそうです
「お前らなー、濱チャンをバカにするって事は俺をバカにしてるって事や!」
と切れる文チャン
MCも楽しいんだよね
2幕の頭までが芝居で
ここにMCタイムが入り
あとはショータイム
もはや普通のコンサート
わんこそば状態に次々各ユニット曲やらなにやら
超楽しーい

今回は文のダンスにやられました
あんなにアグレッシブに踊りまくる文チャン見るの久しぶりだー
普段手を抜いてるとかじゃなく
今回の気合いが素晴らしく感じた
あと神山クンのダンスも好きだー
一生懸命好きな事してる男の子っていいよね
伝わってくる
丈とたくみのシンメも大好き
「2人共ゆっくり大きくなってね」
という変な呪いをかけておきました(笑)
金内クン(13歳)は相変わらず色白美少年でした
1人だけ振り付けについてくのに必死な感じがツボ
関ジュは中学生レベルの人材が揃ってて羨ましい
(おっとショタ発言)

さてさて
来月の日生はどんな感じになるんでしょ
看守チームは誰がやるのか
これがとりあえず重要かな
キスマイは多分囚人チームだと思うんだけど
ABC-Zなの?スノーマンなの?
それとも混合編成なの?
でもなんとなくハッシーが死んじゃう役の予感
‥したら混合か‥
こんな妄想も今が一番楽しい時です

あれ?
淳太がどうだったか書いてなくない?
今の髪型惜しいんだよなー(笑)
あのポジションの役が玉ならいいのに
って思ったけど
無いだろうなー

淳太の唇には愛が詰まってるんだって
あとねー
じゅんじゅんにキュンキュン!が生で見れたー
かわいいー
posted by e_co at 23:46| 東京 ☀| Comment(0) | @THEATER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

endless SHOCK 7月

おとといの感想など。


18時開演
いつも通り30分休憩挟み
21時20分終演

これが超短く感じたー
見るとこ多くて大変なSHOCKでした
後列ながらまさに「どセン」だった為
座長の見え方も素晴らしく
ジャングルのロープフライングが
あんな風に見えるとは
思わなくて
ちょっと照れた(←そんな必要は全くない!)

基本的には3月と変わらなくて
屋良さんからヒロキに代わって
歌の見せ場を多目に作ってあったりするくらいかな?
衣装の雰囲気を変えてくれてたりしてて
キャストチェンジに対する経験値が高い舞台だって事を改めて認識しました
懸念のパーマヘアも見慣れたら違和感ないし
殺陣は結わえてるから顔全開で美しいし
太鼓以降は濡れ髪でちょうど良い長さになるし
フィナーレあたりは座長以外みんなスゴいし(笑)
とにかく良かったです
ヒロキの多彩な魅力がいっぺんに見れるのがいいね
殺陣も頑張った〜
太鼓も頑張った〜
ダンスも頑張った〜
台詞の言い方とかも
今までのライバル役のキャストとはちょっと違ってて
なんだろ、甘え上手な感じなの
声も甘いしねー
あれはズルい
リョーの時にだいぶメロメロにされた泣きシーン
これがまた良かった
オーナー(植草さん)にすがって泣いてるとことか
植草さん頭撫でてたけど
あーなるよね
「よしよし」
って感じだよね
ヒロキがかわいそうで感情移入しちゃいました
久しぶりにあのシーンで泣けた

あと、リカ以外のキャストは「ウチ」呼びなんだけど
(ヤラの時と同じね)
コウイチ達の
「HEY!ウチ♪」
には参った
吹き出す2秒前だった
でもこのダンスシーンは大好物なんで
すぐ我に返って双眼鏡であちこちチェックしたけど
冷静に考えて
「HEY!ヒロキ〜♪」
だったら「ヒロッキー」に聞こえて
これもおかしな事になっちゃいそうだから
あれでいいや(笑)

シェークスピアを演じるヒロキを観る日が来るなんて
想像できなかったよな〜
とか
やっぱり白衣装は似合うな〜
とか
勝手に次々頭の中に感想がわいて出てきた
良かったな〜
もう1回は観たかったな〜


さて来年のこの役
誰がやるんでしょ

posted by e_co at 08:46| 東京 ☀| Comment(0) | @THEATER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

PLAYZONE2010

観てきました

始まる前に9月にエビキス舞台@日生劇場
なんて爆弾落ちたけど(笑)
それはそれ。

17:30開演
休憩入れて
19:40終演

予定通りの進行でした


翼さん主役と言いつつ
確かに舞台設定上メインを張ってる人の役だけど
ストーリー引っ張ってるのは
優馬クン達チームかな?
ストーリーって程の内容は無いんだけど(おいっ)
スラム街でストリートダンスしてる仲間(ユーマ、ノエル、ミュート、ヒロキ、リューヤ)のうち
ユーマだけはちゃんと仕事してるけど
あとの4人は盗みとかしてるような生活
そこへ偶然プレゾンの事を知って
自分たちもチャンスを掴もうって
勝手にオーディションに乗り込み
合宿に参加して
ノエルが誤認逮捕で警察に捕まり
本番前日
舞台装置トラブルが起きたりしてる中
ノエル助けに行くユーマ達
‥みたいな?


翼さんはちょっと嫌味な奴だったり
ヤラさんを「トモさん」て呼ぶのになかなか慣れなかったり
シリアスなのはユーマクンチーム(仲田クン以外)と翼さんだけで
なんか後は結構お気楽キャラ
笑わせる演出では塚ちゃんがひたすら美味しい感じで
他にも笑いの要素はいたるところに散りばめられて
全然飽きずにあっという間に終わりました
ってかちょっと短いくらい


ダンスを見せるシーンが多くて
超楽しい〜
最初、こんな感じで優馬クン大丈夫?
慎チャンついていけてる?
あとハッシーも〜
とかドキドキしたけど
すごーく頑張ってたー
それ以上に
ミュートとかシメカケ君とかのダンスがなかなか良くて
ミュート×ノエルのシンメってのも好みでした
(やっぱりこの年代でこの体型で踊れるコはいいよね)
もちろん江田クンやカトユキのダンスを堪能したい場面もあるし
(あの頃のままの振り付けのIt's BADとか幻炎とか←体に悪い)

2曲しか付かないジュニボメンの所なんて前列捨てて生存確認の点呼しちゃったし
(もっと出せー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!)

昨年は錦織さん色の濃いPZだったけど
今年は東山さん色が濃いかな〜?
みたいな雰囲気

これもいいよね

2回位「え?なんで?」
って部分もあったけど
むしろ少ないよね

あと1回見に行けるのが
楽しみ〜










MAD(通称2軍)が
半減した事がとても悲しかったけど
残ってる4人の頑張りに心打たれた


けど切ない
posted by e_co at 23:02| 東京 ☁| Comment(0) | @THEATER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

クリエに日生に

水曜日はヒロキ舞台
木曜日は滝沢歌舞伎でした
GWならぬJWに突入中(笑)
今日は今から1回だけ参加のV6です

ガイズ&ドールズ
2回目
一段と声がガラガラな錦織さん!
あれは‥
さすがに本人も気にしてるんだろうな〜
でも入れられる限りのシーンでちょいちょい面白い事してるから目が離せません(笑)
狛江市とは言ってなかったけど
「魂の上に金て書いちゃった」
「言うなよ!言うな、ベニー!」
(ベニー役の役者さんがナイスリアクション)
わかりやすいパターンでした
「こんなこといいな♪できたらいいな♪」って
腰動かしてる懺悔のシーン(どんなシーンだよ!)
ここも共演者がノリノリで乗っかってて
舞台も千秋楽が近付いてるんだな〜と
観てる側も楽しくなる
そんな感じです
ヒロキは相変わらずのなりきりナルシストっぷりを全力で発揮してた
あのキスの「チュッ」って音
聞き耳立てちゃう(笑)
全体にいい雰囲気でした
お疲れ様でした

そして祝日の滝沢歌舞伎
翼さんが観劇してました
幕間から戻ったら何となく客席から中2階の方へ視線が集まってて

そこにはサングラスかけた人が(笑)
帰りがけに楽屋口に入ってくとこも見ちゃった

座長からはなんのフリもなしでしたが
コッシーのツアコンが
「翼くんもフラメンコと歌舞伎のコラボやってるからそっちへ行こう」
とかなんとか偽情報で名前出してました

あと真田野澤が不在
チビは4人だけ(大塚千野羽場れいあ)

浜松屋の姫アドリブは短め
MAD1軍はここに限らずとっても自由
なんかあの4人が一番おいしい舞台になってきてる気がする〜
すごくイイ
楽しい可愛い面白い

辰巳福田番頭の暴走に
凄みをきかせる前に
笑っちゃった京本クン

「やりにくいわ!」

とか一言入れて拍手浴びてた(笑)

1幕最高!(←コラ!!)

2幕は河合クンがだいぶ飛ばしてました
A列のお客様の爪を調べに行くってのがあるんだけど
「FK」ってネイルに入れてる人を発見して
テンション上がりまくるふみきゅん(笑)

「今すぐ殺せ!」

と命令する滝(なんて横暴な!)

「全力で守りますよ!」
で拍手浴びて更に調子にのる河合クン(笑)

最初の口上は
辰巳の
「俺に触るな!don't たっつみー」

江田の
「THEY武道唯一の昭和生まれ」

ねー
あと思い出せないんだけど(笑)

あ、林クンの
「うちの山本、病んでるわけじゃありません」
の前に山亮なんて言ったんだったか

記憶曖昧なんで
この辺で(書き逃げ)

しっかしいい天気だ〜
連休が天気いいのはテンション上がる〜
posted by e_co at 13:46| 東京 ☀| Comment(2) | @THEATER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

ガイズ&ドールズ

今は広島に向かう途中ですが
この合間に昨日の。

と書きかけたんだけど
もう広島(笑)



シアタークリエで初観劇
パンフレット1500円を購入して
無料のロッカーに荷物預けて(空いてて良かった)
なかなかいい劇場でした
13時半スタートで25分の休憩挟み2幕終わりが16時25分?
結構長めかな
生演奏ってゴージャスでいいよね
でも開演してしばらくは主役が出てこなくて
普通にミュージカルだな〜って感じでした(笑)
錦織さんが登場して
やがてヒロキが登場して
拍手喝采

キザーーー!!!!!!

足の組み方とか
帽子のかぶり方とか
もーいちいちキザ!
似合ってる!
イケメンです

衣装のセレクトがいいよね
このちょっと古き良き時代の伊達男がしっくりくる
こういうオトコじゃないってわかってるのに
スカイ=内博貴
に見えてくる

ギャンブラーのスカイと救世軍で布教活動するサラ(笹本玲奈さん)の恋物語と
地元のギャンブルを仕切ってるネイサン(錦織さん)と14年ずっとフィアンセのままのアデレイド(高橋由美子さん→ちょっとオバチャン入った姉御タイプのショーダンサーを可愛く熱演!)

いろんな組み合わせでセリフが展開して
ストーリーが進み
笑って苦笑いして
やっぱり笑って
最後はちょっと意外なハッピーエンディング

とにかく笹本さんが可愛くて可愛くて
歌もダンスも芝居もステキで
彼女に釘付けになる時間が多かったかな〜
ハバナでの酔っ払いシーンでちょっと心掴まれちゃいました
基本お堅い役なのですが
メリハリが上手い
このシーンが2人の関係を納得させる重要なポイントにもなっていくし
安心してお任せって感じです

ヒロキも物凄く頑張ってました
初主演ではまり役
側に錦織さんも居て
とってもラッキーだと思う
芝居部分が特に上手くなったな〜って思った
歌は‥曲によっては音域が合わなくて難しそうだったり
ダンスは評価するほどには踊ってなかったり(笑)
最後の方に見せ場的な場面があるんだけど
そこはちょっとドキドキした
そうそう
2人のキスシーンは1回じゃないのね
漫画みたいな2人なんだけど
ちょっと妬ける(笑)

錦織さんには参りました
もちろんアドリブが楽しみで行ってるんだけど
飛ばしまくってました
心なしか声が涸れてるのが気になったけど(アドリブ頑張り過ぎ?)
やっぱりサービス精神旺盛っていいよね

「魂を賭ける」
って借用書を書くっていうクライマックスのシリアスな場面で

「たま」

って言ったのも笑ったけど

「たましいって書こうとして狛江市って書いちゃった」

これを共演者がちゃんと受けて

「それは東京の端の方だろ。ちゃんとたまし(多摩市)って書けよ」


「たまし」と言いながら書くまねする錦織さん

じわじわ来る客席(笑)

わかりにくいってば!


水曜日にもう一度観てまた笑ってきます
posted by e_co at 11:40| 東京 ☀| Comment(0) | @THEATER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

滝沢歌舞伎

帰りに感想ボチボチ打ってたけど途中までで更新できず週が明けてしまいました

まずは公演時間
18時開演
30分休憩挟んで終わりが予定21時
実際は5分程度延びてたかな
鳴り止まぬ拍手と繰り返すアナウンス
しかし座長は現れず

グッズはパンフレットだけ買ってみた
写真は4枚600円のセットで滝屋良ABC-Zまで個人で販売
これからまだまだ追加されるのかな?



いきなり外国人ダンサーさんの客いじりで始まる斬新な歌舞伎(笑)
導入部でいきなり楽しい自己紹介が始まり
(演舞城でも好きだった口上というか各自のネタみたいなアレです)
『おぉ!これは』
と思ったら途中名前のみの子達が居るのが残念
人数多いけど一言ずつくらい入るだろーに

メンバーはざっくりと
ABC-Z
MAD1軍2軍
THEY武道
MADE
スノーマン
邦楽なんとか
(藤間今野村治林後藤)
それに京本安井笹原あたり
小さい子は
大塚千野橋本れいあ
あと誰だったっけ?
黒人ダンサー2人に通称JACさん達
ALLメンズです
稲葉、小野寺不在ってもしや‥?????(涙)
稲葉好きとしては実際居ないのを目にすると軽く目眩
(でも福士くんは相変わらずキラキラ)

1幕は太鼓で去年みたいな裸祭り
メンツと人数にもクラクラ
蛍光バチなんてどうでもいいから全部に照明あてろ〜
って心の声が(笑)
滝ヤラ腹筋対決も凄いけど
塚チャンとかも凄いけど
横から見たこっしーが一番素晴らし〜
あれ下手からは見えにくいかも(次回の楽しみが‥)

で、この直後の踊る曲が最高!
今回一番の見所!
(バック担として)
『revenger』かな?曲名
見たい所が多くて大変
辰巳→江田→渡辺また江田、やっぱり辰巳
みたいな合間に大体全員見て
本命居ないと逆に忙しいんだよね
捨てるとこ決められなくて(コラ!)

1幕後半は長めに歌舞伎で
(そういうタイトルだものね)
座長白塗りの所もMAD1軍がうまい演出で繋ぎ
辰巳福田の掃除夫漫才も
ツアコンのこっしーも
黒子松崎も良い働き
良質に楽しくなってる
続いて浜松屋
姫は純平の代わりに林(翔太)くんがin
林くんもなかなかの化けっぷりです(笑)
京本姫は相変わらず可愛らしいけど
随分声が低くなったのねー
土曜日は高校の入学式だったとか
おめでとうございます

そしてやっぱりここは安井くんがイイ!
このコの図々しいまでにイケてるアドリブ大好きです
最後の
「6番の扇子壊れてるわ!」
も彼よね(笑)!天才!
この後松崎さんが何かしてたみたいだけど見逃した〜
姫たちが男とバレた時
「オトコでもイイ〜」って言って大爆笑とってたけど
誰に惚れてたんだろ?

歌舞伎はとにかく今までより数段パワーアップしてました

2幕は山亮主演のショートムービー?(怖い系)で始まる芝居
今回は平将門の話で
滝も屋良さんもダーティーヒーロー

滝っていつ稽古してるんだろ
いや、屋良さんや1軍のSHOCK組も出番多いし
見たことないこといっぱいやってる
ABC-Zも出番多いし
特に河合くんなんて準主役‥風ぽんの亡霊が見えた(笑)
竜や佐久間くんもセリフ多いよ
みんなよく稽古してて
なかなか見事です

個人的には2幕は救いがないストーリー故に
息苦しさを否めないとか思ったけど
(やっぱり夢見させてこそのジャニーズワールド)
年2回の主演舞台をつとめ
今回は演出までしちゃってる滝のバイタリティには頭が下がります

お弁当の楽しみが減った以外は
とっても良かったです(笑)




江田くん見るなら7列目くらいのサブセンかな〜
あの局所的に魔法かてけるの見ると悔しくなるんだけど
髪型がナチュラルになって
可愛くなってたんだけど(笑)

これは恋ではありません!
posted by e_co at 09:24| 東京 ☁| Comment(0) | @THEATER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

endless SHOCK

パンフレットに自動的にショッピングバッグが付いてきた〜

10周年か〜
700回超のうち何回くらい観たんだろう?
もしかして50回くらい行ってるかな?
どうだろ
あ、換算やめて〜(笑)

終わったのは外に書いてある通り
21:25ころでした
いつもと同じく休憩は30分


基本的には昨年と同じ
今回も豪華に生演奏です
お腹にズーンとくるあの心地よさ
素晴らしい


大好きなSPAINが新曲に変わったのと
WSでやってた和傘フライング
光一さんに関してはそこが大きな変更点
新曲も振り付けが良くて
MADの衣装も良くて
あちこち見るのに忙しいったら



私、屋良さん見てないからストーリーから置いてけぼりです
(まぁいつもと同じストーリーなんだけど)
和傘フライングってあーなってるのかー
スゴいね
宙に浮いてるみたいに(または傘で飛んでるように)見える

全体に屋良さんの役割が多くなってた
いろいろやってたなー

町田さんの髪型可愛い

MADももうなくてはならないカンパニーの一員だね
貫禄すらあります
山下さんのソロコン以来だからそんなに変わらないけど
相変わらずいい表情で踊ってた

毎年言ってるけど合戦の山賊サイコー
今年は辰巳くんのチョンマゲ復活です
みんなパワーアップしてて
見てて楽しい〜

植草さんがしゃべると
「いい声だな〜」って思う
聞き取りやすいし

それって少年隊3人共そうなんだよね
天分もあるんだろうけど
やっぱり続けてきた事ってその人の糧になるんだよね

なんて心の中ではなんか感心しながら
酔っ払い演技とグダグダなアドリブ
更にはリカやコウイチに ビンタされる振り付けを楽しそうにしてるのを見てました(笑)

ついでに。

いつ観ても光一さんはテレビやコンサートとギャップがハンパない
背筋の伸びから違うよね

次は夏か〜
posted by e_co at 22:11| 東京 ☔| Comment(2) | @THEATER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

ULTRA PURE

いや〜ん
可愛かった〜

なんかね、ハートフルでした

休憩なし
120分
パンフレット2000円
ポストカードセット800円


初日なんでザックリした感想のみ

白ロンTにオーバーオール
最初は茶色のアウターに茶系のブーツも身に付けてるから今風(←笑)だけど
なんで30歳目前でオーバーオールなの〜?
似合いすぎで
可愛すぎ(笑)

設定の割にエロではなく
まさに三宅さんらしいお色気ワールド
3人の女の子がそれぞれいい味を出してて
キャラの濃い男優陣が盛り立ててくれて
鷲尾真知子さんが深みのある笑顔で優しい空気を作り出してて
ハッピーなお芝居でした
ちゃんとしたラブコメディなんだよね
三宅さんのラブシーンて
なんか新鮮だったな

笑って笑って
ちょっと温かくて
いい人達のお話
会社帰りに観るのにいい〜
120分通しなのもいい

はぁ〜
それにしてもかわいかった〜
卑怯なくらいの可愛さだ
posted by e_co at 21:48| 東京 ☁| Comment(2) | @THEATER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

2/3滝沢革命

終わって場内のアナウンスが外は雪が降ってると告げた瞬間

「えぇ〜っ!!!!」

って声がぴったり揃ってて
なんか楽しくなりました

2幕見ながら
そう言えば千賀マイコーの衣装26日は帽子ベストの方だったな〜
書くのわすれた〜って思ってた
今日は赤(えんじ?)革の方でした

そうそう
ガイコツ
26日は「カメナシ!こんな姿になってもカッコつけてるのか」でした
そして今日は翼で
「初ソロシングル発売前にこんな姿になって」って
滝沢さんは「聴く用」「車で聴く用」「保存用」の3枚買うそうです
ご参考に(笑)

錦織アドリブ
もう皇潤やアテントでは吹き出したりしない滝なんだけど
「あの頃はいつもキャッチボールが取れなくて


隣の犬が持ってきてくれた」

とか

「犬の種類はチワワだ」
とか
(1幕で植草さんの名前も出してたし
光一さんにも会ったのかななんて想像)

「チワワが小さい体でこんなに大きなボールをくわえて来て」

くらいまでは良かったんだけど
後はだいぶ下ネタ風味でしたが
笑った〜
笑う滝沢さんにまた笑っちゃうんだよね〜

そんな感じで私の2010年の革命は終了

みんな痩せてたな〜
滝の二の腕が一段とカッチカチに見えた
特に藤ヶ谷さんの小顔化にびっくり


玉は年末から痩せてたから
あんまり変わらない感じだけど
しっかりキープ
26日までは何も付けてなかったアクセサリー
今日はシルバーブレスのみ着用
たしか元旦には小さいドクロネックレスと指輪付けてたけど
途中から何も付けなくなったんだよね

今夜はこれで
posted by e_co at 22:15| 東京 ☁| Comment(0) | @THEATER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/3滝沢革命幕間

みやっちの髪型がはっしーみたいな感じで

え?だれだれ?
あ、みやっち

みたいに私の貴重な時間を奪うな〜(笑)



『ミラクルワールド』
橋本オンステージ
「踊れ!」
って無茶ぶりしてシャララ口ずさむ滝沢さん
最後に勝手に歌ってるはっしー(笑)

玉ちゃんも、もうちょっといじられ甲斐のある後輩になろうよ
と思いつつ

「一緒に行こう」

って顔見合わす滝玉はイイ!
かわいい!

そしてはっしーに

「たまっ!」

って捕まえられて
びしょ濡れになりました(笑)

ふーん呼び捨てなんだね

めっちゃかわいかった〜
でもはっしーのがやっぱりおいしいのがにくらしい(笑)


ステージフォト
第4弾10枚
すべて滝沢さんです

光子革命の写真が欲しかったな〜
posted by e_co at 19:28| 東京 ☁| Comment(0) | @THEATER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。